コンテンツマーケティングの基本

記事コンテンツ作成の目的と特徴
取り組み方や課題について解説

 

2022年1月11日

コンテンツマーケティングにおける記事コンテンツの目的はご存じでしょうか。

この記事では、記事コンテンツを作成する目的をテーマに、その特徴や記事内容の例も併せて解説していきます。

また、記事コンテンツの概要を踏まえつつ、記事コンテンツ作成の取り組み方や課題についても解説していきます。

記事コンテンツ作成にこれから取り組まれるマーケティング担当者の方や、記事コンテンツ作成に関して悩みを抱えている方は、是非一度ご確認ください。

記事制作シンプル.png
ホワイトペーパーシンプル.png

コンテンツマーケティングにおける記事コンテンツ

はじめに、コンテンツマーケティングや記事コンテンツの概要についてお話していきます。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、自社サイトなどで見込み顧客にとって有益なコンテンツを提供し、集客や顧客育成を図るマーケティング手法です。

 

一度コンテンツを作成してしまえば効果が持続するため、投資対効果も高く、Webマーケティングの中でも代表的な施策として注目を集めています。

 

コンテンツマーケティングで扱うコンテンツは多岐に渡り、

・記事コンテンツ

・メール

・ホワイトペーパー

・動画

・インフォグラフィックス

などが代表的です。

 

今回は上記の中から、記事コンテンツにフォーカスして解説します。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングに取り組むことで以下のようなメリットを得られます。

 

■メリット1:効果の持続性

コンテンツマーケティングの最大のメリットは「効果の持続性」です。

コンテンツを作る際には、ある程度の費用や工数がかかりますが、一度作ってしまえば追加コストはほとんどかからず、持続的な集客が目指せます。

 

■メリット2:顧客ロイヤルティの向上

見込み顧客にとって有益なコンテンツを配信し続けることで、顧客ロイヤルティの向上が期待できます。

コンテンツの内容に詳しい専門家という地位や評価も得られるため、他社への乗り換えを防止する効果もあるでしょう。

 

■メリット3:幅広い範囲の見込み顧客に訴求できる

効率的に幅広い範囲の見込み顧客に対して訴求できるのも特徴です。

エリアを問わないという地理的な範囲だけでなく、各購買プロセスにおける様々なニーズを持った顧客にもアプローチが可能です。

記事制作シンプル.png
ホワイトペーパーシンプル.png
 

記事コンテンツ作成の主な目的

ここからは、記事コンテンツの目的について解説していきます。

コンテンツマーケティングにおける記事コンテンツ

記事コンテンツとは、主に自社サイト内でビジネスブログなどを運営し、そこで提供するコンテンツのことを指します。

 

コンテンツマーケティングにおいても、記事コンテンツは主力コンテンツと言えます。ユーザーの様々な目的に合わせた記事を作成することで、満足度を高め、効果的に集客へつなげます。

 

記事コンテンツ作成の主な目的は以下の4つです。

目的①:認知獲得

一つ目の記事コンテンツ作成の目的は「認知獲得」です。

 

まだ自社について知らない見込み顧客にアプローチし、まず認知してもらうことを目指します。

記事コンテンツを上手く活用すれば、Web広告などと同等の認知獲得効果を発揮するでしょう。

目的②:興味・関心の醸成

二つ目の目的は「興味・関心の醸成」です。

 

自社のことを認知してはいるものの、まだ興味や関心が薄い層に向けてアプローチする記事コンテンツを作成します。

記事コンテンツの最も得意な分野と言っても過言ではなく、この段階の顧客に対しては有力なマーケティング施策となります。

目的③:他社との比較検討

三つ目の目的は「他社との比較検討」です。

 

代表的な記事としては、比較系コンテンツが挙げられます。

同業他社のサービスと自社サービスを共に紹介しつつ、他社との違いや自社だけの特徴などを際立たせることを目的に作成します。

比較検討を目的としたコンテンツは、競合他社も当然作成することが多く、コンテンツとしての競合性は高くなるでしょう。

目的④:行動喚起目的④:行動喚起

最後の目的は「行動喚起」です。

 

記事を読んだ顧客に、問い合わせや資料請求といった一定の行動を促すための記事です。

顧客のニーズを理解し、心理を変化させるライティングスキルが必要であり、他の目的の記事コンテンツよりも作成難易度は高めと言えます。

共用ワークスペース

コラム

コンテンツマーケティングにおける記事コンテンツの役割と種類

 

記事コンテンツのメリット

記事コンテンツには以下のようなメリットがあります。

メリット①:上位表示される限り、集客効果が持続する

記事コンテンツの最大のメリットは、上位表示される限り集客効果が持続する点です。

 

上位表示させるためには、Googleなどの検索エンジンで検索されるよう適切なSEO対策を施して、コンテンツを作成しなければなりません。SEO対策については、後ほどお話します。

メリット②:効果測定から改善までのサイクルを回しやすい

効果測定から改善までのサイクルを回しやすい点もポイントです。

 

アップロードした記事コンテンツは、Googleアナリティクスなどを活用して、PVや閲覧時間・離脱率を計測できます。

計測したデータをもとに記事コンテンツの問題点を把握することで、スピーディな改善を目指せます。

 

目的別 記事コンテンツの特徴

各目的に応じた記事コンテンツの特徴を詳しく見ていきましょう。

認知獲得型 記事コンテンツの特徴

■認知獲得型コンテンツはSEO対策が重要

認知獲得型の記事コンテンツは、先述の通り自社のことを知らない顧客に対してアプローチしなければなりません。

そのため、正しくSEO対策を施して、Googleを中心とした検索エンジンからの流入を増加させる必要があります。

 

顧客の悩みや課題を踏まえ、「どのような検索ワードで検索された際に表示させたいのか」を考えて記事を作成していくことが重要です。

 

■記事内容の例

認知獲得型の記事コンテンツとしては以下のような記事が挙げられます。

 

方法・やり方に関する解説記事(Ex.コンテンツマーケティングの取り組み方)

特定の知識を提供する記事(Ex.ホワイトペーパーとは?)

興味・関心醸成 記事コンテンツの特徴

一つ目の記事コンテンツ作成の目的は「認知獲得」です。

 

まだ自社について知らない見込み顧客にアプローチし、まず認知してもらうことを目指します。

記事コンテンツを上手く活用すれば、Web広告などと同等の認知獲得効果を発揮するでしょう。

目的②:興味・関心の醸成

■興味・関心醸成型コンテンツのポイントは分かりやすさ

興味・関心醸成型の記事コンテンツは、分かりやすさが重要なポイントです。

 

下手に専門用語を多用すると、見込み顧客が「よくわからないから、別のサイトで確認しよう」と、他社サイトに流れてしまいます。

せっかく自社のことを知った上で記事コンテンツを読んでくれているのですから、誰が読んでも分かりやすいコンテンツを提供して、理解の促進に努めましょう。

 

■記事内容の例

記事内容としては認知獲得型の記事コンテンツと大きく変わらず、方法や知識提供型記事が中心です。

ただし、認知獲得型が全体の大まかな内容を述べる「概論」とすれば、興味・関心醸成型はより細かく解説する「詳論」のような記事になることが多いです。

比較検討型 記事コンテンツの特徴

■比較検討型コンテンツは「独自性」をアピールする

比較検討型の記事コンテンツは、見込み顧客に他社を含めた選択肢を提供しつつ、自社の独自性をアピールするものが多いです。

 

ここで重要なのが、「優位性」ではなく、「独自性」をアピールすることです。

自社と他社それぞれのメリット・デメリットをあくまでも公正な目で紹介し、「こういう人にはA社、こういう人には自社がおすすめ」といった形で訴求しましょう。

 

■記事内容の例

比較検討型は、以下のような「おすすめサービス○○選」の形態が多いです。

 

オススメのMAツール12選

【ケース別】オススメのコンテンツ制作外注先8選

行動喚起型 記事コンテンツの特徴

■行動喚起型コンテンツはセールスライティングスキルが必要

行動喚起型の記事コンテンツは、これまで紹介した記事コンテンツとは異なり、よりセールス色が強くなります。

 

そのため、通常のライティングスキルだけでなく、セールスライティングの知識も求められます。

記事構成は、どちらかと言えばサービスLPに近いと言えるでしょう。

 

■記事内容の例

行動喚起型の記事コンテンツは、課題解決型の記事が大半です。

見込み顧客の課題や疑問に触れ、それを解決するための方法論を紹介した後、自社の製品・サービスを紹介する内容です。

彼女のラップトップで

コンテンツマーケティングにおける記事の条件や書き方とポイント

コラム

 

記事コンテンツ作成に取り組むには

それでは、実際に記事作成にはどのような方法で取り組めばよいのでしょうか。

代表的な3つのパターンをご紹介します。

取り組む方法①:内製化する

一つ目の方法は内製化、つまり自社の社員で作成に取り組むことです。

記事のテーマ決めから構成案の作成、実際の執筆、推敲や校正に至るまで、すべての記事コンテンツ作成プロセスを自社内で実施します。

 

■内製化のメリット

内製化のメリットは人件費などの固定費以外に、追加費用がかからない点です。

また自社の中でクオリティコントロールが完結するため、品質も安定しやすいと言えます。

 

■内製化のデメリット

費用を抑えられる反面、作成するための時間的な工数はどうしてもかかってきます。

また、社員のライティングスキルが乏しい場合、スキル習得にかかる時間も必要になるでしょう。

一つ目の方法は内製化、つまり自社の社員で作成に取り組むことです。

 

記事のテーマ決めから構成案の作成、実際の執筆、推敲や校正に至るまで、すべての記事コンテンツ作成プロセスを自社内で実施します。

取り組む方法②:クラウドワーカーに外注する

二つ目はクラウドワーカーに外注する方法です。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスに登録している個人ライターに依頼する形が一般的です。

 

■クラウドワーカーに外注するメリット

作成にかかる手間や工数を割くことなく、記事コンテンツ作成に取り組めます。

また、クラウドソーシングでの記事作成の相場は文字単価1円前後のものが多く、外注費も比較的抑えられます。

 

■クラウドワーカーに外注した場合のデメリット

クラウドワーカーとして働くライターのレベルは、かなり個人差があります。

そのため、クオリティコントロールが難しく、納品物のチェックや修正依頼などの工数が増える場合も多いでしょう。

取り組む方法③:制作会社に外注する

三つ目の方法は制作会社への外注です。

記事コンテンツの作成代行サービスを提供している制作会社に依頼し、プロのライターに執筆をしてもらいます。

■制作会社に外注するメリット

制作会社に外注する最大のメリットは、手間をかけずに高品質な記事を得られることです。

SEO対策などもしっかりした記事コンテンツを安定して受け取れるでしょう。

 

■制作会社に外注した場合のデメリット

質の高い記事コンテンツ作成ができる分、外注費用はクラウドソーシングよりも高いケースが多いです。

ジャンルやライターのスキルにもよりますが、安くても文字単価2円、高ければ文字単価10円以上のところもあります。

 

記事コンテンツ作成における課題

最後に、記事コンテンツ作成における課題について確認しておきましょう。

課題①:SEOスキルが必須

記事コンテンツ作成に取り組む際には、SEOスキルが欠かせません。

先述した通り、記事コンテンツはGoogle検索で上位表示することを目指して作成する必要があります。

 

そのため、SEOに強いキーワードの選定や構成・見出し作りなどのスキルは非常に重要と言えるでしょう。

自社で内製化する場合、このSEOスキルがボトルネックとなり、なかなか集客効果があらわれないケースもあるので注意してください。

課題②:効果が出るまである程度の時間がかかる

とはいえ、制作会社のプロライターに外注しても、効果が出るまではある程度の時間がかかる点を理解しておくべきです。

 

いくらSEOスキルを活用して良質な記事を発信しても、競合サイトのコンテンツの強さや検索ボリュームなどの要素によっては、上位表示されないことは往々にしてあるでしょう。

特に内製化している場合は、この効果が出るまでの時間が長くなりがちであり、結局途中で辞めてしまうケースも多いです。

課題③:記事コンテンツの目的によってはセールスライティングのスキルも

記事コンテンツの目的によっては、SEOスキルだけでなく、セールスライティングのスキルも必要です。

 

記事コンテンツには大きく「認知獲得」「興味・関心の醸成」「比較検討」「行動喚起」の4種類の目的がありますが、特に「行動喚起」を目的とした記事はSEOや通常のライティングスキルだけでは作成が難しいのです。

セールスライティング、つまり言葉で読者の行動を喚起するコピーライティング・広告作成に近いスキルが求められます。

 

まとめ

今回は、コンテンツマーケティングにおける「記事コンテンツの目的」から、記事コンテンツ作成の取り組み方や課題を中心に解説しました。

コンテンツマーケティングにおける記事コンテンツ作成は、上手く発信できれば非常に高い効果を得られる反面、作成するにあたってある程度のノウハウが必要になってきます。

 

記事コンテンツ作成の取り組みを検討されている方は、ぜひ今回ご紹介した記事作成のポイントを参考にしていただければ幸いです。

記事制作シンプル.png
ホワイトペーパーシンプル.png
 

関連記事

図書館で教科書を開く

コラム

SEOとは?検索エンジン対策の基本やコンテンツの重要性について解説

ブレーンストーミング

記事制作の流れと外注する場合の注意点を徹底解説

ビジネスミーティング

コラム

コンテンツSEOとは何か?初心者のためにわかりやすく解説

2b41a1572aa78ad445e75cef4a0f2fb7.jpg

コラム

図書館で教科書を開く
勉強中

コラム

SEOライティングとは?初心者でも上位表示できる9つのコツを解説

成長を育成

コラム

オーガニック検索とは?流入を増やす方法やメリット・デメリットを解説